栄・名駅・金山で物件情報を探すならsolo uno不動産

営業時間:09:00〜18:00

定休日: 日曜・祝祭日(GW・お盆・年末年始)

052-265-5317

栄・名駅・金山で物件情報を探すならsolo uno不動産

営業時間:09:00〜18:00

定休日: 日曜・祝祭日(GW・お盆・年末年始)

052-265-5317

COLUMN

コラム

2022.10.02

マンション売却の流れ

1.相場価格を知る
マンションの売却を検討している方は、様々な情報や知識をもつ不動産会社に依頼をします。
不動産会社は沢山ありますが、安心して相談をすることができる不動産会社をお勧めいたします。

2.売却に必要な書類を揃える
マンションの売却には、必要となる書類が沢山あります。
売買契約や引き渡しの直前で必要な書類がないとなると、慌てて準備しなければならないため、注意しましょう。


【必要書類】
• 身分証明書
• 権利書(マンションの所有者であることを証明)
• 管理規約(マンションの管理に関連する書類)
• 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
• 謄本、公図、測量図
• 契約書、重要事項説明書

3.複数の不動産会社に査定を依頼する
複数の不動産会社に査定を依頼するのは、査定額を比べることで、相場価格を知ることができるからです。
ここで重要になるのが、不動産会社が提示した査定額に、れっきとした根拠があるかどうかです。
やたらと高い査定額を提示するわりに根拠が乏しい不動産会社は、なるべく避けた方がいいでしょう。

4.不動産会社を選定して媒介契約を締結する
いくつかの不動産会社の査定を出してもらったら、次は仲介を依頼する不動産会社を選定したうえで、媒介契約を締結しましょう。
また、媒介契約の種類をきちんと理解することが重要です。
不動産会社を選定するポイントは、会社と担当者との信頼関係が重要になります。

5.売却活動を行う
不動産会社と媒介契約を締結したら、次はいよいよ売却活動を行います。
不動産会社は幅広く宣伝・広告活動をします。
売り主がすることは、内覧の対応と、不動産会社と販売戦略を一緒に考えることをおすすめします。

6.売買契約を締結する
買い主が購入を決めた場合は、不動産会社を介して『購入申込書』が提出されます。
これにより、正式な意思表示がなされることになります。
購入申込書には買い主の個人情報などが記載されていて、売り主がその内容に納得したうえで承諾をすれば、本格的に売買契約の締結に向けて進めていくことになります。
売買契約の締結は、不動産会社で行うことになります。
具体的な手続きとしましては、まず買い主が、『宅地建物取引士(宅建)』の資格を持つ方から、物件や売買契約書の重要事項を説明します。
そして、購入価格やマンションの引き渡し日など、買い主が売買契約書の内容に納得したら、正式に契約が締結することになります。
契約が成立すると、売り主は買い主から手付金を前金としてもらうと同時に、不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

7.決済の手続きをする
売買契約の締結後に売り主は、買い主から売却代金の残金の受け取り、住宅ローンに残債があればその完済手続き、そしてマンションの引き渡しといった決済の手続きを行います。
失敗例としてあるように、売買契約の締結後に買い主が住宅ローンの審査に落ちてしまうことはよくあります。
事前審査に通っている場合は、そこまで心配しなくても問題ありませんが、買い主の信用力に対してどうしても不安があるという方は、前もって信用力を調査するようにしましょう。
住宅ローンの残債を完済する場合は、前もって銀行に決済日を知らせる必要がありますので、注意してください。
決済手続きは、売り主や買い主、不動産会社の担当者や司法書士が銀行で一堂に会して行います。
基本的には、この手続きの完了後、当時中にマンションの引き渡しを行うのですが、引越しの関係で引き渡しが難しい場合には、決済した後であれば、別の日でも問題ありません。

8.マンション売却後の手続きを行う
マンションの引き渡しや決済が終わっても、売り主が行わなければならない手続きが2つほどあります。
お金に関する重要な手続きなので、忘れないように気を付けましょう。

確定申告:
マンションの売却は所得に関わるため、税務署に確定申告を届け出なければなりません。これに例外はありませんので、売却で損失が出たとしても、届出は必須になります。先ほどご紹介した、優遇措置である特例や損益通算などの節税は、確定申告をしなければ行うことができませんので、しっかりと念頭に置くようにしましょう。
火災保険の解約:
マンションの購入時に、火災保険に加入する方が多いです。
この解約手続きも、忘れずに行うようにしましょう。火災保険の加入時には、全期分の保険料を一括で支払っています。
そのため、契約が満了となる前に解約をすれば、残りの期間分の保険料を返金してもらうことができます。ただし、自分から保険会社に申し出ないと返金を受けられないため、この点は忘れないようにしましょう。


◆マンション売却 ポイントまとめ

1.方針をきちんと決める
2.資金計画をたてる
3.3つの売却方法を知る
4.査定をしてもらう
5.売却金額・計画をたてる
6.幅広く宣伝をする
7.【損をしない】売却をしる

不動産売却をお考えの方は是非solouno不動産へご相談お待ちしております。

 

コラム一覧へ

Contact for imaeda

お電話でのお問い合わせはこちらから

052-265-5317

店舗・オフィスに関する物件のご相談はsolo uno不動産までご連絡ください。

お問い合わせ

Contact for solo uno
物件検索依頼

物件検索

物件検索
Fudousan Plugin Ver.5.3.2